トレンドニュース

DJIより新作が登場。PHANTOM 4PRO V2.0 

5/9にDJIより新作が登場。PHANTOM 4PRO V2.0の発売好評されました。

Phantom 4 Proとの比較

Phantom 4 Pro V2.0はPhantom 4 Proと同じカメラを使用し、4K/60fps動画を100Mbpsで撮影できる1インチ20MPのセンサーを搭載しています。また、Phantom 4 Pro V2.0の最大飛行時間はPhantom 4 Proと同じ30分で、伝送距離も同様に7kmです。(日本では4km) Phantom 4 Pro V2.0の送信機は、2.4GHzと5.8GHzの周波数帯の切り替えが可能です。(日本では2.4GHzのみ利用可)また一体型モニター付き送信機も利用可能です。

Phantom 4 Pro と異なり、Phantom 4 Pro V2.0はOcuSync伝送システムを搭載しているので、DJI Goggles RE(日本未発売)とワイヤレス接続できます。また、Phantom 4 Pro V2.0は、FOC正弦波ドライバーESCと9455Sクイックリリースプロペラでアップグレードされた推進システムを搭載。ドローンのノイズを低減し、より空気力学に基づいた飛行を実現します。

*Phantom 4 Pro V2.0の送信機は、Lightbridge伝送を使用しているPhantom 4 Pro に対応していません。バッテリー、充電器、NDフィルターといったその他アクセサリーは、Phantom 4 Pro とPhantom 4 Pro V2.0の両方で使用できます。

 

Phantom 4 Pro V2.0のカメラの主な特長

Phantom 4 Pro  V2.0 のカメラは、 1インチ20MPのセンサーを搭載し、絞りをF2.8~F11に手動調整できます。また、シャッターボタンを半押しすると、オートフォーカスできます。フォーカス範囲は1mから無限遠です。被写体が動いてピントが外れた場合、撮影前に必ず再度ピントを合わせてください。被写体が30m以上離れている場合、ピントは無限遠で合います。収録時に近接撮影から望遠に切り替える場合、再度ピントを合わせる必要があります。

 

 

Phantom 4 Pro V2.0の送信機の新機能

Phantom 4 Pro V2.0送信機は OcuSync伝送システムを搭載し、DJI Goggles RE(日本未発売)にワイヤレスで接続できます。スポーツモードでは、最高時速72km/hの没入感抜群のスリリングなFPV飛行を楽しめます。
Phantom 4 Pro V2.0は、次の2種類の送信機に対応しています:標準送信機および内蔵タッチパネル付き送信機。Phantom 4 Pro V2.0も、Phantom 4 Proも、 2.4GHzと5.8GHzの周波数帯の切り替えが可能で、最大伝送距離は7kmです(障害物、干渉がなく、FCC準拠の場合)。また、シャッターボタンを半押しすることにより、フォーカスを調整できます。(日本国内では2.4GHzのみ対応。また最大伝送距離は4kmです)
Phantom 4 Pro +の送信機は、 5.5インチ1080pのディスプレイを搭載しています。輝度は1000cd/m 2  で 、DJI GO 4アプリも内蔵しています。送信機はHDMIポート、microSDカードスロット、マイク、スピーカーを内蔵し、Wi-Fi 接続に対応しています。

Phantom 4 Pro プロペラに関して

Phantom 4 Pro V2.0とPhantom 4 Proのプロペラはそれぞれの機体に対応していますが、Phantom 4 Pro のプロペラ(9450S)は、 Phantom 4 Pro V2.0のプロペラ(9455S)よりも音が大きく、プロペラの空力設計もV2.0より劣ります。

DJI公式サイトの英語和訳

The new Phantom 4 Pro V2.0 features an OcuSync HD transmission system, which supports automatic dual-frequency band switching and connects to DJI Goggles RE wirelessly. Like The Phantom 4 Pro and Advanced, the Phantom 4 Pro V2.0 is equipped with a 1-inch 20-megapixel sensor capable of shooting 4K/60fps video and Burst Mode stills at 14 fps. Plus, its FlightAutonomy system includes dual rear vision sensors and infrared sensing systems for a total of 5 directions of obstacle sensing and 4 directions of obstacle avoidance.

日本語訳
———————————-
新しいPhantom 4 Pro V2.0は、OcuSync HD伝送システムを特徴としています。これは、自動二重周波数バンドスイッチングをサポートし、DJIゴーグルREにワイヤレスで接続します。 Phantom 4 Pro V2.0には、Phantom 4 ProとAdvancedのように、4K / 60fpsビデオを撮影できる1インチの20メガピクセルセンサーと、14fpsでバーストモード静止画を撮影することができます。 さらに、FlightAutonomyシステムには、2つの後方ビジョンセンサーと赤外線センサーシステムが含まれており、合計5方向の障害物検知と4方向の障害物回避が可能です。
CAMERA WITH 1-INCH 20MP SENSOR
The onboard camera has been redesigned to use a 1-inch 20-megapixel CMOS sensor. A custom engineered lens made up of eight elements is arranged in seven groups, it is the first DJI camera to use a mechanical shutter, eliminating rolling shutter distortion which can occur when taking images of fast moving subjects or when flying at high speed. In effect, it is as powerful as many traditional ground cameras. More powerful video processing supports H.264 4K videos at 60fps or H.265 4K at 30fps, both with a 100Mbps bitrate. Advanced sensors and processors ensure everything is captured with more image detail and the image data needed for advanced post-production.
日本語訳
———————————-
762/5000
1インチ20MPセンサ付きカメラ
オンボードカメラは、1インチの20メガピクセルのCMOSセンサーを使用するように再設計されました。 8つの要素で構成されたカスタム設計のレンズは7つのグループに分かれています。機械式シャッターを使用する最初のDJIカメラで、高速で動く被写体を撮影するときや高速で飛行するときに生じるシャッター歪みを排除します。 事実、多くの伝統的な地上カメラほど強力です。 より強力なビデオ処理は、H.264 4Kビデオを60fpsで、またはH.265 4Kを30fpsで、100Mbpsのビットレートでサポートします。 高度なセンサーとプロセッサーは、高度なポストプロダクションに必要な、より詳細な画像の詳細と画像データで、あらゆるものをキャプチャします。
The Phantom 4 Pro V2.0’s camera system improves upon everything that made the original Phantom 4 so iconic. Every aspect has been significantly upgraded,
including the sensor size, resolution, and image processing system, making it the most powerful Phantom to date. Users can also adjust aperture from
f2.8-11 for more versatile imaging.
日本語訳
———————————-
Phantom 4 Pro V2.0のカメラシステムは、オリジナルのPhantom 4を象徴的にしたすべてのものを改善します。 あらゆる側面が大幅にアップグレードされ、
センサーのサイズ、解像度、画像処理システムなど、これまでの最も強力なファントムとなっています。 ユーザーは絞りをから調整することもできます
より汎用性の高いイメージングのためのf2.8-11。
1-INCH 20-MEGAPIXEL CMOS
Sensor size is more important to image quality than the number of pixels because a larger sensor captures more information in every pixel, improving dynamic range, signal-to-noise ratio, and low light performance. The 1-inch 20-megapixel CMOS sensor in the Phantom 4 Pro V2.0 is almost four times the size of the Phantom 4’s 1/2.3in sensor. It uses larger pixels and has a maximum ISO of 12800 as well as increased contrast. It is good enough for images to be used immediately, while also capturing enough detail for advanced post-processing.
日本語訳
———————————-
1インチ20メガピクセルCMOS
センサのサイズが大きいほど、ピクセルごとに多くの情報をキャプチャし、ダイナミックレンジ、信号対雑音比、低光性能が向上するため、センサのサイズはピクセル数よりもイメージの品質にとって重要です。 ファントム4プロV2.0の1インチ20メガピクセルCMOSセンサーは、ファントム4の1 / 2.3インチセンサーの約4倍のサイズです。 それはより大きいピクセルを使用し、コントラストの増加だけでなく最大ISOが12800です。 画像をすぐに使用できるだけでなく、高度な後処理のために十分な詳細をキャプチャするのに適しています。

 

 

PROFESSIONAL 4K VIDEO
An enhanced video processing system allows video to be captured in cinema and production optimized DCI 4K/60 (4096 x 2160/60 fps) at a bitrate of 100 Mbps,
enabling you to get high-resolution slow motion shots. The Phantom 4 Pro V2.0 also supports the H.265 video codec (maximum resolution 4096X2160/30 fps).
For a given bitrate, H.265 doubles the amount of image processing as H.264, resulting in significantly enhanced image quality. Recording in high dynamic range
D-log makes the most of image data for color grading.
日本語訳
———————————-

プロフェッショナル4Kビデオ
ビデオ処理システムの強化により、100 Mbpsのビットレートで映画制作に最適化されたDCI 4K / 60(4096 x 2160/60 fps)
高解像度スローモーションショットを得ることができます。 Phantom 4 Pro V2.0は、H.265ビデオコーデック(最大解像度4096X2160 / 30fps)もサポートしています。
特定のビットレートの場合、H.265は画像処理量をH.264倍にし、画質を大幅に向上させます。 高いダイナミックレンジでの録音
D-logは、カラーグレーディングのための画像データを最大限に活用します。

 

 

HIGH RESOLUTION LENS
The resolution and contrast of a lens is critical to image quality, because only a quality lens can capture sharp, vivid photos at high resolutions. The brand new Phantom 4 Pro V2.0 camera has an aerial optimized F2.8 wide-angle lens with a 24mm equivalent focal length. It features eight elements – 2 aspherical – arranged in seven groups that fit into a smaller, more compact frame. Its images are consistently detailed with low distortion and low dispersion, ensuring that photos and videos are sharp and vivid. For the first time ever with a DJI camera, MTF (Modulation Transfer Function) results have been made public, so people can get a better understanding of lens performance.

日本語訳
———————————-

高解像度レンズ
レンズの解像度とコントラストは画質にとって非常に重要です。なぜなら高画質のレンズだけが高解像度でシャープで鮮やかな写真を撮ることができるからです。 新しいファントム4プロV2.0カメラは、焦点距離が24mm相当の広角に最適化されたF2.8広角レンズを搭載しています。 これは、8つの要素(2つの非球面)を7つのグループに分けて配置し、小型でコンパクトなフレームに収まります。 その画像は、低歪みと低分散で一貫して詳細に描写され、写真や動画が鮮明で鮮明になります。 初めてDJIカメラでMTF(Modulation Transfer Function)の結果が公開されたので、人々はレンズ性能をよりよく理解することができます。
CAPTURE EVERY MOMENT
Aerial imaging is not only used to capture landscapes; it brings new perspectives to everything from action scenes to motor racing. Capturing objects moving at high speed has always been a challenge for flying cameras using an electronic shutter. This is why the Phantom 4 Pro V2.0 is the first DJI Phantom to use a mechanical shutter and a large-aperture prime lens. A mechanical shutter with a max speed of 1/2000s eliminates rolling shutter distortion which can occur when taking images of fast moving subjects or when flying at high speed. The electronic shutter has also been improved with a max shutter speed of 1/8000 seconds, and a new Burst Mode shoot capable of shooting 14 fps at 20 megapixels to catch the perfect moment.

日本語訳
———————————-

すべての瞬間を捉える
空中映像は、風景を撮影するために使用されるだけではありません。 アクションシーンからモーターレースまで、あらゆるものに新しい視点をもたらします。 高速で動く物体を捕らえることは、電子シャッタを使用して飛行するカメラにとって常に困難でした。 このため、Phantom 4 Pro V2.0は、メカニカルシャッターと大口径のプライムレンズを使用する最初のDJIファントムです。 1/2000秒の最高速度のメカニカルシャッターは、高速で動く被写体を撮影するときや高速で飛行するときに生じるローリングシャッターの歪みを排除します。 電子シャッターも1/8000秒の最大シャッタースピードと、完璧な瞬間を捉えるために20メガピクセルで14フレームを撮影できる新しいバーストモード撮影で改良されました。
5-DIRECTION OF OBSTACLE SENSING
FlightAutonomy is expanded with an additional set of high-resolution stereo vision sensors placed at the rear in addition to the pair placed at the front as well as infrared sensing systems placed on the left and right sides. This network creates a total of 5-direction of obstacle sensing and 4-direction of obstacle avoidance, protecting the Phantom 4 Pro V2.0 from more obstacles and giving filmmakers the confidence to capture more complex images.

Learn More About 5-Direction of Obstacle Sensing

日本語訳
———————————-

OBSTACLE SENSINGの5方向性
FlightAutonomyは、前面に配置されたペアと、左右に配置された赤外線検出システムに加えて、背面に配置された高解像度のステレオビジョンセンサーを追加して拡張されています。 このネットワークは、障害物感知と障害回避の合計5方向を作成し、より多くの障害からPhantom 4 Pro V2.0を保護し、より複雑な画像をキャプチャする自信をフィルムメーカーに与えます。

障害物検知の5方向についてもっと学ぶ

 

 

6-CAMERA NAVIGATION SYSTEM
Three sets of dual vision sensors form a 6-camera navigation system that works constantly to calculate the relative speed and distance between the aircraft and an object. Using this network of forward, rearward and downward vision sensors, the Phantom 4 Pro V2.0 is able to hover precisely in places without GPS when taking off indoors, or on balconies, or even when flying through windows with minimal pilot control. In the unlikely event that front and downward sensors are unable to operate, the aircraft can still hover in place using the rear stereo vision system. The Phantom 4 Pro V2.0 also is able to fly in complex environments at a flight speed of up to 31mph (50kph) while avoiding obstacles in its path. In Narrow Sensing Mode, the Phantom 4 Pro V2.0 narrows its sensing scope enabling it to see in more detail and fly through small spaces.

日本語訳
———————————-

6カメラナビゲーションシステム
デュアルビジョンセンサーの3つのセットは、航空機と物体との間の相対速度および距離を絶えず計算する6カメラナビゲーションシステムを形成する。 Phantom 4 Pro V2.0は、前方、後方、下向きの視覚センサネットワークを使用して、屋内やバルコニーでの離陸時にGPSなしの場所に、またはパイロット制御を最小限に抑えて窓を飛んでいる場合でも正確に移動できます。 万が一、前後のセンサーが作動できない場合でも、航空機は後部のステレオビジョンシステムを使用して所定の位置に移動できます。 また、Phantom 4 Pro V2.0は、複雑な環境で、その経路の障害を回避しながら最大31mph(50kph)の飛行速度で飛行することができます。 Narrow Sensingモードでは、Phantom 4 Pro V2.0はその検出範囲を狭くして、より細かく見ることができ、小さなスペースを飛ぶことができます。

 

 

WHAT IS FLIGHTAUTONOMY
FlightAutonomy is an advanced aerial intelligence and flight automation platform. It is made up of a complex network of ten component groups including seven cameras — forward, rearward and downward dual vision sensors and the primary camera — an infrared sensing system, dual-band satellite positioning (GPS and GLONASS), two downward facing ultrasonic rangefinders, redundant IMUs and compasses, and a group of powerful, specialized computing cores. The Phantom 4 Pro V2.0 acquires a real-time view of its environment and information about the height and position of nearby obstacles to create a 3D map it can locate itself within. The IMU and compasses collect crucial flight status, speed and direction data, while redundant IMUs and compasses monitor critical data and rule out possible errors, dramatically enhancing the reliability of flight.

日本語訳
———————————-

フラットタトゥーモニックとは
FlightAutonomyは高度な航空情報および飛行自動化プラットフォームです。 これは、赤外線センシングシステム、デュアルバンド衛星測位システム(GPSとGLONASS)、2つの下向き超音波レンジファインダー 、冗長IMUとコンパス、および強力な専用コンピューティングコアのグループです。 Phantom 4 Pro V2.0は、周囲の障害物の高さと位置に関する環境と情報をリアルタイムで取得し、3Dマップを作成します。 IMUとコンパスは重要な飛行状況、速度、方向データを収集し、冗長IMUとコンパスは重要なデータを監視し、起こりうるエラーを排除して飛行の信頼性を劇的に向上させます。
INFRARED SENSING SYSTEM
The Phantom 4 Pro V2.0 is the first DJI aircraft to use an infrared sensing system. Placed on the left, and right sides of the aircraft, these measure the distance between the aircraft and any obstacles using infrared 3D scanning. When in Beginner Mode and Tripod Mode, these sensors have a horizontal field of view of 70° and a vertical field of view of 20°, providing a wide view of the scene to the sides of the Phantom, and a maximum range of 23ft (7m). Traditional ultrasonic sensors only have a detection range of 3-5m and may be confused when affected by propeller vibration. The infrared sensing system is able to sense larger areas and measure the distance between the aircraft, identifying the closest objects accurately while avoiding interference, providing more reliable sensing and protection.

日本語訳
———————————-

赤外線感知システム
ファントム4プロV2.0は、赤外線検知システムを使用する最初のDJI航空機です。 航空機の左側と右側に配置され、赤外線3Dスキャンを使用して航空機と障害物の距離を測定します。 初心者モードと三脚モードでは、これらのセンサーは70°の水平視野と20°の垂直視野を持ち、シーンの広い視野をファントムの側面に提供し、最大23フィート 7m)。 伝統的な超音波センサーは3〜5mの検出範囲しか持たず、プロペラ振動の影響を受けると混乱する可能性があります。 赤外線感知システムは、より広い領域を感知し、航空機間の距離を測定し、干渉を回避しながら最も近い物体を正確に識別し、より確実な感知および保護を提供することができる。

 

 

OCUSYNC REMOTE CONTROLLER WITH BUILT-IN SCREEN
A 5.5-inch 1080p screen integrated with the Phantom 4 Pro+ V2.0 controller offers 1000 cd/m2 of brightness, more than twice as bright as conventional smart devices. As the DJI GO app is built into the screen, hardware and software are fully optimized, allowing you to edit and share instantly. Along with the controller’s five-hour battery life and 4.3mi (7km) OcuSync transmission, the Phantom 4 Pro+ V2.0 is a complete aerial imaging solution.*

*Maximum transmission distance attainable when unobstructed, free of interference and FCC compliant.

日本語訳
———————————-

内蔵スクリーンを備えたOCUSYNCリモートコントローラ
Phantom 4 Pro + V2.0コントローラと統合された5.5インチ1080pスクリーンは、1000 cd / m2の輝度を提供し、従来のスマートデバイスの2倍以上の明るさを提供します。 DJI GOアプリが画面に組み込まれると、ハードウェアとソフトウェアが完全に最適化され、即座に編集して共有することができます。 Phantom 4 Pro + V2.0は、コントローラの5時間のバッテリ寿命と4.3mi(7km)のOcuSync伝送に加えて、完全な空中映像ソリューションです。

*妨げにならず、FCCに準拠していないときに達成可能な最大伝送距離。

 

 

NEW OCUSYNC VIDEO TRANSMISSION
The Phantom 4 Pro V2.0’s remote controller uses OcuSync video transmission,* which employs time-division multiplexing technology to send control signal and receive video signal simultaneously. When the controller is powered on, the OcuSync system scans for the frequency band with lowest interference and switches accordingly to maintain clear transmission.
Also, thanks to OcuSync, the Phantom 4 Pro V2.0 wirelessly connects to DJI Goggles RE. Free from cable constraints, you can enjoy exciting FPV flight at speeds of up to 72kph (45mph) in S-mode.

日本語訳
———————————-

NEW OCUSYNCビデオトランスミッション
Phantom 4 Pro V2.0のリモートコントローラーは、時分割多重技術を使用して制御信号を送信し、ビデオ信号を同時に受信するOcuSyncビデオ送信*を使用します。 コントローラの電源がオンになると、OcuSyncシステムは干渉が最も少ない周波数帯域をスキャンし、それに応じてスイッチを切り替えて、明確な伝送を維持します。
また、OcuSyncのおかげで、Phantom 4 Pro V2.0はDJI Goggles REに無線で接続します。 ケーブルの制約から解放されて、Sモードで最大72kph(45mph)の速度でエキサイティングなFPV飛行を楽しむことができます。
ULTRA-BRIGHT SCREEN
A 5.5in 1080p screen integrated with the Phantom 4 Pro+ V2.0 offers 1000 cd/m2 of brightness, more than twice as bright as conventional smart devices. It makes bright, vivid colors easily visible in direct sunlight. As the DJI GO 4 app is built into the screen, a mobile device is not required, simplifying pre-flight preparations. Integration of an HDMI port, Micro SD card slot, microphone, embedded loudspeaker, and Wi-Fi connection allow images to be edited inside DJI GO 4 to be shared almost instantly. Its five-hour battery life makes the Phantom 4 Pro+ V2.0 a complete aerial imaging solution.

日本語訳
———————————-

超明るい画面
Phantom 4 Pro + V2.0と統合された5.5インチ1080pスクリーンは、1000 cd / m2の輝度を提供し、従来のスマートデバイスの2倍以上の明るさを提供します。 直射日光の下で明るく鮮やかな色が見やすい。 DJI GO 4アプリは画面に組み込まれているため、モバイル機器は不要で、飛行前の準備を簡素化します。 HDMIポート、マイクロSDカードスロット、マイク、内蔵スピーカー、Wi-Fi接続を統合することで、DJI GO 4内で編集した画像をほぼ即座に共有することができます。 5時間のバッテリ寿命により、Phantom 4 Pro + V2.0は完全な空中映像ソリューションになります。

 

 

SEE A DIFFERENT WORLD
The Phantom 4 Pro V2.0 wirelessly connects to DJI Goggles RE, putting you directly in the heart of the action with dual LTPS displays that offer a high-quality 1080p live camera view with an 85° FOV. Connected via OcuSync, users can experience fast and clear FPV flight with incredibly low latency.
Plus, controlling your Phantom with DJI Goggles RE is more intuitive than ever. Just enable Head Tracking, which allows you to move the aircraft or gimbal simply by turning your head.

*The Phantom 4 Pro/Pro+ V2.0 is only compatible with DJI Goggles RE, which are currently unavailable in Japan, and Russia. Please consult your local dealer for availability of this product.

日本語訳
———————————-

別の世界を見る
Phantom 4 Pro V2.0はDJI Goggles REに無線で接続され、85°FOVで高品質の1080pライブカメラ表示を提供するデュアルLTPSディスプレイでアクションの中心に直接繋がります。 OcuSyncを介して接続すると、ユーザーは信じられないほど短い待ち時間で、迅速かつ明確なFPV飛行を体験することができます。
さらに、DJI Goggles REでファントムをコントロールすることはこれまで以上に直感的です。 ヘッドトラッキングを有効にするだけで、頭を回すだけで航空機やジンバルを動かすことができます。

 

関連記事

  1. ガジェト

    DJIとIntelの技術を集めたトイドローン「Tello」が新登場。

    DJI と Intel から技術供与を受けたトイドローン「Te…

  2. トレンドニュース

    グノラー必見!!グノシーQの攻略法を公開!!

    グノラー必見!!グノシーQの攻略法を公開!!ダウン…

  3. ガジェト

    「GameSir T1d Controller」DJI TELLO 専用のコントローラーが登場。

     DJI tello専用のコントローラーが登場しました。専用と…

  4. ガジェト

    今話題の「メイソウ」へ行ってみた件

    深セン入り2日目、昨日は移動で1日が終わってしまったので、今日から…

  5. トレンドニュース

    深セン羅湖(ローフー)紅灯籠(红灯笼)で狗肉鍋を食す。

    深セン羅湖(ローフー)で狗肉鍋を食べて来ました。日本では、中々…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事



最近見られている記事

  1. ガジェト

    荒野行動、プレイヤー必見!スマホゲーマーおススメのコントローラ!
  2. ガジェト

    「GameSir T1d Controller」DJI TELLO 専用のコント…
  3. トレンドニュース

    DJIより新作が登場。PHANTOM 4PRO V2.0 
  4. ガジェト

    AppleWatchとスマホを同時充電できるQi充電対応ワイヤレス充電器が低価格…
  5. 通信機器/ルーターなど

    WiFiが強力になる便利グッズ!Xiaomi Mi 無線LAN中継機
PAGE TOP